洋服収納

スポンサーリンク
収納グッズ&家具

アイリスHGチェストみたいに前板が外れない!天馬「フィッツプラス」

天馬のポリプロピレン製多段チェスト「フィッツプラス」は引出しロック機構付きで安心。さらにアイリスオーヤマのウッドトップHGチェストのように簡単に引出し前板が外れることもありません。サイドローラー付きで開閉もスムーズ。キャスターの取り付けも可能です。箱状なのでホコリが積もらず中に入らないのもうれしいところ。
収納グッズ&家具

コスパと統一感で選ぶなら!無印良品「ポリプロピレン衣類用ケース引出式」

押入れやクローゼットの中に引出式衣装ケースを並べるとき、同じ商品で統一するのが理想です。 それは決して見た目のためだけではありません。サイズを揃えれば洋服を畳む大きさも統一させやすいからです。また、衣替えや収納のレイアウトを見直すとき...
収納グッズ&家具

引出しの開閉が軽い!天板が頑丈!天馬「フィッツユニットケース」

大切な洋服を収納するのに、引出しを疎かにしていませんか?「洋服が片づかない!」とおっしゃるお宅で、壊れていたり、開閉がスムーズでない引出しがそのまま使われていることが多いという悲しい現実があります。 散らかりにくく、片づけやすい収納を...
トピックスほか

8.徹底比較!ハイブリッドチェスト(HGシリーズvsフィッツユニット)

今回はアイリスオーヤマのHGシリーズのロングチェストとウッドトップチェスト、天馬のフィッツ・プラス(Fits plus)とフィッツ・ユニットケース(Fits unit case)を徹底比較しちゃいます! どちらも旧来からあるポリプロピ...
過去記事

子供部屋:絵本・作品・賞状などの収納グッズ

子供の絵本やオモチャを収納するグッズや家具を選ぶ際は、まずフレキシブルに対応できることを第一に考えるのが良いでしょう。子供の成長とともに使うモノが変わり、大きさなどが変わるため、臨機応変に対応する必要があるからです。オモチャなどの大きさに合...
過去記事

押入れ(洋服収納)

基本的には押入れは洋服を収納するには向きません。丈の長い洋服や紳士物のスーツを掛けるには高さが足りないことが多いうえに、効率良く使いやすく収納するのが難しいからです。できれば押入れに洋服を収納することは避けて他のもっと大きなモノを優先するの...
過去記事

クローゼット(小物収納)

クローゼットに小物を収納するときは、まとめてボックスに入れたり、フックで引っ掛けるというのが基本になります。ネクタイ、ベルト、スカーフ、マフラー、帽子などのファッション小物やバッグですね。 こういうファッション小物類は使わないほど傷ま...
過去記事

クローゼット(洋服収納)

クローゼットの収納はパイプハンガーに洋服を掛け、床に引出式衣装ケースを積み重ねるのが基本。シンプルであればあるほど良く、あまり特殊な収納グッズなどは必要ありません。 ですからできるだけ上質で使いやすい収納グッズを選ぶようにしましょう。...
過去記事

寝室:タンス・チェスト(洋服収納)

収納家具を選ぶうえで、タンス(チェスト)の目利きはとても大事です。なぜって引出がもっとも壊れやすいからです。 樹脂製でも木製でも、予算ありきでチェストを見ないでください。値段が高いものほどやはり良くできています。一概には言えませんが、...
過去記事

寝室:ワードローブ(洋服収納)

以前に比べると最近はクローゼットが造り付けになっているのでワードローブは流行らないですね。ただ、クローゼットだけですべての洋服が収まるかというとそうでないことが多いのも実際のところです。 ワードローブはできるだけ幅が広いものを選んだほ...
過去記事

寝室:ハンガーラック(洋服収納)

基本的に寝室は寝るだけの場所なので、寝具以外のモノを必要としません。ですから寝る前後の着替えの動線も考慮して寝室に洋服を収納するというのはスペース的に見ても合理的な方法と言うことができます。 十分な収納量のクローゼットがあればハンガー...
過去記事

リビング:衣類収納・パーテーション

家に帰ったらついついリビングダイニングに脱ぎ捨ててしまう洋服。キチンと寝室などに片づけに行ければ良いんですが、なかなか難しい現実。逆にリビングダイニングに洋服を掛ける場所を作っちゃうとそこに洋服がどんどん溜まってしまったりもするものです。...
スポンサーリンク