スポンサーリンク
過去記事

玄関:鍵・印鑑等の収納グッズ

鍵や印鑑を玄関に無造作に置いていてもあまり見苦しくはないでしょう。しかし、他のモノも一緒に置くと、どこに置いたかが分かりにくくなってしまうことがあります。 鍵や印鑑を紛失すると慌てることになりますからそうならないように、他のモノとは分...
過去記事

玄関:下駄箱・シューズラック

一般的に賃貸住宅でも下駄箱は付いていることが多いと思うので、追加で靴の収納スペースを確保するのに最適なシューズラックを中心に集めてみました。 シューズラックを追加するなら、狭い玄関をもっと狭く感じさせることがないように圧迫感を感じさせ...
過去記事

玄関:ブーツの収納グッズ

ブーツの収納って難しいですよね。普通に下駄箱に収めようとすると、棚板を外して普通の靴の倍以上のスペースを取ってしまいます。また、基本的に冬に履く機械が多くて夏に履く機会は減るわけですが、季節に応じて入れ替えるわけにもいかず、そのままにせざる...
過去記事

玄関:靴の収納グッズ

ついつい増えてしまうことの多い靴。履かないと分かっていても高かったからと言って処分できなかったり、あまり履く機会がなくてもTPOに合わせて必要な靴だったりします。 しかし下駄箱に収納できる靴の量は限られていますから、収まり切らない靴は...
過去記事

子供部屋:トミカ・プラレールの収納グッズ&家具

女の子のオモチャは結構いろいろですが、男の子はやっぱりちょっと特殊です。大人になってからでもそうですが、基本的に男子は収集癖が強く、同じようなモノをコンプリートしたいという願望が強いです。また、几帳面に並べる子とまったくそうでない子に分かれ...
過去記事

子供部屋:オモチャ箱2

オモチャ箱は子供が自分でオモチャを出し入れできるものが理想的です。しかしオモチャ箱を床に直接並べるとどうしても場所を取ってしまいます。また、幼い間は大きな箱に放り込むだけでちょうど良いかもしれないけれど、少し大きくなったらもう少し難しい収納...
過去記事

子供部屋:オモチャ箱1

幼児期のオモチャの収納の基本は放り込み(投げ込み)です。床一面にオモチャをぶちまけて、片づけると言えば箱の中に一ヵ所にまとめるということですね。いろんな大きさのオモチャがあるので、最初はまず一ヵ所にまとめるということを覚えさせることが大事だ...
過去記事

子供部屋:絵本・作品・賞状などの収納グッズ

子供の絵本やオモチャを収納するグッズや家具を選ぶ際は、まずフレキシブルに対応できることを第一に考えるのが良いでしょう。子供の成長とともに使うモノが変わり、大きさなどが変わるため、臨機応変に対応する必要があるからです。オモチャなどの大きさに合...
過去記事

書斎・趣味:趣味の収納グッズ&家具

趣味のモノって基本的にこだわりが強いものなので、オススメの収納グッズや家具を紹介するって言っても難しいんですが、当たり障りのないような一般的なものを集めてみました。 書斎・趣味(本棚:オープンタイプ) 書斎・趣味(本棚:扉付き)...
過去記事

書斎・趣味:デスク周りの収納グッズ

デスク周りの収納グッズって言っても、一般的にはあまり変わったものが必要になることはないと思います。見た目にあまりこだわらなければ100円ショップで買えるものやアマゾンで物色すれば十分。むしろアマゾンであれこれ物色しているといろんな発見があっ...
過去記事

書斎・趣味:デスク・パソコンラック

デスクやパソコンラックというのはニーズがそれぞれなので、ここでは見た目に収まりの良いパソコンデスク(ラック)を集めてみました。 でも以前はデスクトップパソコンが主流だったのがノートパソコンに移り、今はタブレットやスマートフォンが中心。...
過去記事

書斎・趣味:本棚(扉付き)

扉付きの書棚はインテリア性重視となるため、パーツや製造コストが増え、どうしても価格は高くなります。カタログ通販などで見ると写真では立派に見えても実物はイマイチということが多いです。 ただ、別にカタログ通販が悪いんじゃなくて、値段相応と...
過去記事

書斎・趣味:本棚(オープンタイプ)

本棚って値段によってピンキリですが、幅900×高さ1800mmくらいのオープンタイプ(扉なし)で1万円弱~6万円くらい。一番違うのはやはり棚板などの頑丈さです。 通常、特に何も書いていなければ棚板はフラッシュ合板という中空構造のもの。...
過去記事

押入れ(布団収納袋など)

限られた収納スペースを有効活用するには、布団圧縮袋は使える収納グッズのひとつです。布団圧縮袋で失敗しないためには、まずチャック部分を固く絞った雑巾で拭くこと。そしてカチカチに圧縮せずに1/3程度にすること。最後に圧縮した袋を引きずったりぶつ...
過去記事

押入れ(ラック・その他)

一般的に押入れは中を上下に仕切る棚が少なく、一方で収めたいモノの多くは比較的細かいモノなので、収納方法で悩みがちです。そこで棚があったほうが便利だなと思ったら、収納グッズを使って仕切ることを考えてみるのもひとつの手だと思います。 押入...
過去記事

押入れ(洋服収納)

基本的には押入れは洋服を収納するには向きません。丈の長い洋服や紳士物のスーツを掛けるには高さが足りないことが多いうえに、効率良く使いやすく収納するのが難しいからです。できれば押入れに洋服を収納することは避けて他のもっと大きなモノを優先するの...
過去記事

クローゼット(小物収納)

クローゼットに小物を収納するときは、まとめてボックスに入れたり、フックで引っ掛けるというのが基本になります。ネクタイ、ベルト、スカーフ、マフラー、帽子などのファッション小物やバッグですね。 こういうファッション小物類は使わないほど傷ま...
過去記事

クローゼット(洋服収納)

クローゼットの収納はパイプハンガーに洋服を掛け、床に引出式衣装ケースを積み重ねるのが基本。シンプルであればあるほど良く、あまり特殊な収納グッズなどは必要ありません。 ですからできるだけ上質で使いやすい収納グッズを選ぶようにしましょう。...
過去記事

寝室:バッグ・帽子収納

帽子は型崩れしないように、選びやすいように収納するのがポイントです。帽子用フックなどを使って掛けると一番良いでしょう。 バッグは普段使いとそうでないものを分けたほうが良いかも。また、大きめのバッグはクローゼットの枕棚の上やオープンラッ...
過去記事

寝室:タンス・チェスト(洋服収納)

収納家具を選ぶうえで、タンス(チェスト)の目利きはとても大事です。なぜって引出がもっとも壊れやすいからです。 樹脂製でも木製でも、予算ありきでチェストを見ないでください。値段が高いものほどやはり良くできています。一概には言えませんが、...
スポンサーリンク